ホーム | 活動 | 年表




since 1974 

「うたおに」ってナーニ?という方に

 はじめまして、「うたおに」です。

 正式名称は、合唱団「うたおに」

 もう少し、詳しく申しあげると1974年に誕生した三重県津市を本拠地とする

混声合唱団です。


名の由来

 「うたおに」は、伊勢弁で「(一緒に)歌いましょう」を意味する「うたおにー」と

「歌の鬼」をかけた名前です。

 
 三重県以外の方は「歌の鬼」しか思いつかないらしく、遠征先の宿舎で

「合唱団歌鬼様御一行」と書かれることも、しばしばです。

 でも、本来は、「(一緒に)歌いましょう!」の意味が名前の由来です。


詳しい活動内容     →「うたおにの活動」へ


練習は?
  
 
定期練習 毎週2回、月、木曜日 (19:30~21:30)

  場所
  津阿漕教会(津市下弁財・みえ夢学園南隣)   


公式プロフィール

 1974年4月4日創立。

 学生から会社員・自営業者・主婦など約25名のメンバーで構成。

 定期練習は、毎週、月・木曜日津市内の日本基督教団津阿漕教会

週2回(19:30~21:30)行っている。


 1997年11月、全日本合唱コンクール全国大会で最高位にあたる文部大臣

奨励賞を受賞。以来、演奏会活動を精力的に展開する。

 
 三重県内を中心に各地を巡り、馴染みの曲も交えながら様様な趣向を

凝らしてのコンサートツアー「うたおにコーラスピクニック」、知られざる名曲や

難易度の高い作品も積極的に紹介する「うたおに音楽会」、合唱曲の宝庫とも

いうべきテーマから色彩豊かな曲を繰り出す「うたおにクリスマスコンサート」

これらの自主公演を軸にしながら、ほかにも他団体との合同演奏会、

オーケストラへの賛助出演オペラへの出演、自治体関連の各種事業、

老人福祉施設への慰問演奏学校訪問演奏などにより

2002年から2010年まで、9年連続で年間20公演以上を行う

 2014年からは、津市大門の活性化を目的にした

津市大門のあのつホールで開催する

月1回のマンスリー・コンサートなどの活動が加わり、

年間公演数は35公演を超えている

 
 また海外においても、2000年カナダでの単独公演をはじめ、2004年11月には

3度目となる中国・鎮江市での演奏会を、2005年11月には韓国ソウルでの

演奏会
を、それぞれ開催している。


 公演ごとの曲目はその時々の客層やステージのコンセプトにより、

ジャンルや年代、様式を問わず非常にバラエティに富んでおり、

トークや演出も含めた気取らず温かい雰囲気のステージ構成は、

幅広く好評を得ている。


 新しい合唱作品の創作にも意欲的に取り組み、これまでに

「ジプシーの月の下で」(寺島陸也)、「17の俳句」(R.マリー・シェイファー)、

「三重民謡集」(伴剛一)、「ふるさとの星」(一柳慧)を委嘱初演。


レコーディング活動では「21世紀の合唱名曲選」(音楽之友社)、

「うたおにクリスマス」(ONION)のCD化のほか、三重県民歌、

松阪商業高校校歌、三重県立ゆめ学園校歌、三重県立水産高校校歌、

三重県立松阪高校校歌、三重県立稲生高校校歌、

三重県立四日市農芸高校等の録音も行っている。

 
 これまでに津市文化奨励賞、三重県平成文化特別賞、

地域文化功労者文部大臣表彰等、多くの表彰を受けている。


指揮者   小柴 信之(Nobuyuki Koshiba)

 1961年三重県生まれ。

 1977年三重県立津高等学校入学と同時に合唱活動を始める。

 在学中、学生指揮者を務め、1980年合唱団「うたおに」入団。

 即チーフ・マネージャー就任。1982年には団長就任。

 1988年から指揮者兼任をはじめ、1999年1月より正式に指揮者として就任。

 音楽面のみならず、運営管理、演奏企画まで、「うたおに」での役割は

多岐にわたる。

 合唱団「うたおに」以外にも、アンサンブルあしたば、混声合唱団コーロGui、

コール「蘭」の指揮を行うほか、鈴鹿ゴスペルクラブの指導を務める。 

 2012年11月、津市文化功労賞受賞


ホーム | 活動 | 年表